おすすめライブ配信サービス比較【ニコ生,Youtube,ツイキャス,Twitch等】

ライブ配信サービスの”スペック”についての比較表を作ってみました。

比較したい!」という人は参考程度にどうぞ。

※この記事は2016年6月に書いています

※もしかしたら間違った事を書いてる可能性もありなので、厳密に知りたい場合は自分でググるなりしてください

スポンサーリンク

サービス比較

以下、簡単なスペック比較表です。

ツイキャス Youtube Live Twitch ニコ生 USTREAM FC2ライブ
値段 無料 無料 無料 540円/月
プレミアム会員
 無料
(有料プランも有る)
 無料
(有料プランも有る)
画質・音質  △
(500kbpsまで)
ソース

(無制限)
ソース
 
(3,500kbpsまで)
ソース

・19:30~2:00(384kbpsまで)
・2:00~19:30(480kbpsまで)
ソース
 
(4,000kbpsまで)
ソース
 △
(800kbpsまで)
ソース
遅延  3~5秒  15秒以上  15秒以上  3~5秒 3~15秒以上?  3~5秒
稼げる ×  ○  ×  ○  ×  ○
配信ツール FC2ライブキャストでのみ可能

高画質・高音質であるほど、配信する側もエンコとかデータ送信に時間が掛かりますし、受信する側も受信するのに時間が掛かります。

なので、高画質・高音質で配信できるサービスであればあるほど、遅延は大きくなります。

特徴別

超簡単にザーっと紹介します。

ツイキャス

twitcasting-300x147

女子高生とかの間で流行っているライブ配信サービス。

スマホで配信している人が多い。

Youtube Live

youtube_live

Googleが運営しているライブ配信配信サービス。

  • 超高画質・超高音質で配信できたり、
  • 遡って再生できたり、
  • 配信終了後に配信した動画を、そのまま動画投稿出来たり、

・・こんな感じで機能がてんこ盛りです

しかも無料。

ただ、著作権のある映像・音声を流すとすぐに著作権侵害のメールが飛んでくるので注意が必要。
screenshot_9301

Twitch

twitch

ゲーム配信に特化したライブ配信サイト。

ゲーム配信に特化していますが、ゲーム以外も配信出来ます。

ニコ生

ニワンゴが運営しているサービス「ニコニコ動画」内にて利用できるライブ配信サービス。

配信者と視聴者の距離が一番近いサービス。

USTREAM

ustream

海外で有名なライブ配信サービス。

日本でも、ライブ配信の黎明期に参入してきましたが、2016年1月に日本法人は撤退しました。(ライブ配信自体は日本からでも出来るけど)

FC2ライブ

FC2ライブ

FC2が運営しているライブ配信サービス。

アダルト版もある。ニコ生と似た感じ。

多少、アンダーグラウンドな部分が多い。

目的別

視聴者と交流がしたい!

「Youtube Live」と「Twitch」は、高画質・高音質での放送が可能だけど、遅延が有りすぎて視聴者との交流には全く向いていない。

視聴者との交流が目的なら、

がおすすめ。

ゲーム等を高画質・高音質で配信したい!

のどちらかがオススメ。

エロ系の配信がしたい!

FC2ライブ配信(アダルト)が安定。

稼ぎたい!

王道はYoutubeですが、「ニコ生」と「FC2」は、熱心なファンが付けば大きく稼ぐ事が出来ます。

FC2なんかは、”リアルタイムのお恵みシステム”なので、配信が面白ければ、視聴者がお金を送金できるような仕組みになっています。

このページの情報は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク