【OBS(Studio)】Youtube Liveでライブ配信する方法

OBS(Studio)を使用して、Youtube Liveでライブ配信するやり方について簡単に紹介します。

スポンサーリンク

Youtube Liveを始める条件

youtube_live

Youtubeのアカウントさえ有れば、完全無料で誰でも始める事が出来ます。

※Youtubeアカウントを持っていない人は取得して下さい(⇒Youtube

OBS(Studio)の導入

OBSLogoNew80

以下の公式ページから、OBS(Studio)をダウンロード&インストールして下さい。

公式Open Broadcaster Software – Index

基本的にインストーラーに指示に従って「次へ」と進めていくだけです。

※StudioとClassicの違いについては以下ページ参照。

OBS(Classic)とOBS(Studio)の違い
OBS(Open Broadcaster Software)には、以下の2種類のバージョンが有ります。 OBS(Classic)・...

Youtube Liveで配信する為のOBS(Studio)設定方法

OBS(Studio)の導入が終わったら、本体を起動します。

起動したら「右下」の設定を開きます。(この設定にて、Youtube Liveでライブ配信する為の詳細な設定を行う)
screenshot_9041

配信タブ

「配信」タブは、「Youtube Live」と「OBS」を接続出来るようにするためのタブです。

「サービス」を「Youtube / Youtube Gaming」に設定して、「ストリームキー」を入力します。

「ストリームキー」は、Youtubeを開いて「クリエイターツール」→「ライブストリーミング」→「ストリーム名/キー」を入力すればOKです。

screenshot_9322
▲操作


Youtube Liveの場合は、ビットレート制限などが一切無いので、

この「配信」タブの設定を終えた時点で、もう既にライブ配信出来る状態です。

何でも良いからライブ配信を始めたい!」という人は、ココまでスキップして下さい。


出力タブ

「出力」タブは、画質・音質をコントロールするタブです。

設定する項目は、「映像ビットレート」と「音声ビットレート」だけでOKです。

「どのくらいのビットレートにしたら良いか」は、Youtubeが公式にオススメしているページを参考すれば良いでしょう。

参考ライブ エンコーダの設定、ビットレート、解像度 – YouTube ヘルプ
screenshot_9331

具体例を挙げて説明すると、1280×720・30fpsで配信するつもりなら、以下のように設定すればOKです。
screenshot_934
screenshot_9351

ちなみに音声ビットレートは「160kbps」が上限みたいです。(本来はYoutubeは192kbpsですけど)

映像タブ

自分が配信したい解像度に設定すればOKです。

  • 「基本(キャンバス)解像度」:配信ソフトでの解像度
  • 「出力(スケーリング)解像度」:実際に配信される解像度

例えば、「1280×720」で配信したいなら、「出力(スケーリング)解像度」を「1280×720」にすればOKです。

screenshot_9361

動きを重視しない配信なら、「FPS」を「24」程度まで下げても問題ないでしょう。
screenshot_9371

設定を保存しておく

設定が全部終わったら、その設定を「Youtube Live用の設定」として保存しておきましょう。

「プロファイル」→「名前を変更」で「Youtube Live」などと名前を付けておきましょう。

screenshot_938

こうしておくことで、次から「プロファイル」→「Youtube Live」を選択して「配信開始」を押すだけでライブ配信が開始できるようになります。

もし、

  • 「ツイキャス」
  • 「ニコ生」
  • 「Twitch」

など、他のライブ配信サービスを使用するつもりなら、「プロファイル」→「新規」で新しいプロファイルを作って、そのライブ配信サービスの設定を行いましょう。

ライブ配信を開始する

設定が終わったら、いよいよライブ配信を開始します。

開始するには、「配信開始」というボタンをクリックします。
screenshot_9151

これでライブ配信は開始されます。

screenshot_9121
▲ライブ配信中の画面

配信できているか、Youtube Liveのページで確認する

Youtube Liveの「クリエイターツール」→「ライブストリーミング」を開けば、配信されているか確認することが出来ます。 screenshot_9401

※ちなみにこの画面で音を出すと、「配信した音を更に配信する」→「その配信した音を更に配信する」→「その音を更にh(ry」という無限ループに入ってノイズだらけになってしまうので注意です

配信画面に何か表示する

例えば、

  • デスクトップの画面を表示したい!
  • 何か1枚絵を表示させたい!
  • テキストを表示させたい!
  • ゲーム(PS3/PS4等の家庭用ゲーム機)の映像を表示したい!

といった場合は、左下の「ソース」で「右クリック」→「追加」で表示させたいソースを追加すればOKです。

screenshot_93912

このページの情報は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク